教育学部 学部・学科

原則として、2023年5月に行った各大学へのアンケートを基に編集・掲載しています。

教育学部
歴史
設置 1949、改称 1966
学科定員

学校教育教員養成課程300

学部内容
 学校教育教員養成課程には、以下の13専攻がある。
教育学専攻では、子どもの精神発達や人格形成、そして教師としての成長や教育組織について理論的・実践的に探究する。
幼児教育専攻では、幼児教育改革の歴史、幼児教育方法の多様な展開、幼児期の代表的な遊びの特徴、幼児の音楽的発達、ピアノの演奏法、小学校教育と教科指導などを学ぶ。
発達障害教育専攻では、一人ひとりの子どものニーズを踏まえた教育・指導を進めていくために必要な知識およびスキルを、障害児教育学、障害児心理学、障害児生理・病理学(医学)などの学問分野から学ぶ。
国語領域専攻では、小・中・高等学校の国語科教育法・教材研究法を研究し、国語科の実践的指導力を身につけるとともに、国語教育の原論・歴史などの基礎理論についても考究する。
社会領域専攻では、子どもの理解に基づいて教育活動を展開していくために必要な知識・能力や技術を修得すると同時に、人文科学および社会科学的知識を広く学ぶ。
英語領域専攻では、小・中・高等学校などで英語を教えるために、英語の4技能(リスニング・スピーキング・リーディング・ライティング)の運用能力を高めるとともに、英語の教授法や背景にある文化を学ぶ。
数学領域専攻では、数学の諸結果を単に知識の羅列として学ぶだけではなく、数学的な考え方と論理的で明晰な表現力を養成する。
理科領域専攻では、身のまわりの自然について探究し、それを初等・中等教育の場で学ぶ児童・生徒に伝えていく役割を持った人間を育成する。
技術領域専攻では、生産から消費、廃棄(再資源化)についての技術に関する基礎的知識を修得し、技術科教育を根本的に考える専門科目や教職科目を、演習・実習を交えながら学ぶ。
家庭領域専攻では、小・中学校の家庭科教育の内容や指導方法を探究する能力を持つ教員の養成を目指している。
美術領域専攻では、実習・演習を通して、実践現場をリードできる美術科目の指導法を学ぶ。
音楽領域専攻では、音楽を通して社会に働きかけることのできる高い実践力や指導力を身につけることを目標とし、音楽を実技・理論の両面から学ぶ。
体育領域専攻では、効果的な運動技能の修得や体力の増進および学校における健康と安全問題に関する科学的基礎を学習する。
新入生の男女比率(2022年) 男39%・女61%
シェアする
LINE
X
パスナビの
掲載情報について
このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。