美術学部 学部・学科

原則として、2023年5月に行った各大学へのアンケートを基に編集・掲載しています。

美術学部
歴史
設置 1966
学科定員

計95 美術50<日本画10、油画25、彫刻10、芸術学5>、デザイン・工芸45<デザイン25、陶磁10、メディア映像10>

学部内容
 美術科は、4専攻を設置している。
◆日本画専攻では、古典研究を踏まえ、多様な価値観に基づく発想力をはぐくみ、現代作家として制作活動を行っていくことができる人材を育成する。
◆油画専攻では、人間にとって原初的な表現でありさまざまな美術表現につながる絵画を起点として、高度な表現技術・技法を身につけた美術家を養成する。
◆彫刻専攻では、多様化する現代社会での立体表現に重点を置きながら、広範な美術教育を行うことで、将来の芸術家、研究者、芸術教育の専門家などの人材を育成する。
◆芸術学専攻では、実技学習との有機的連携を図りながら、美術史・美術理論の研究者、学芸員、美術評論家や美術ジャーナリスト、文化財保存に関わる高度な専門家を養成する。
 デザイン・工芸科は、3専攻を設置。
◆デザイン専攻では、創造性豊かな思想や表現力の習得ができるようカリキュラムを編成している。
◆陶磁専攻では、建築、デザイン、造形、伝統陶芸など、分野を超えて陶磁の表現と可能性を探求する。
◆メディア映像専攻では、メディアコンテンツに対して、これまでの芸術の枠にとらわれない新たな表現の開拓を目指す。
新入生の男女比率(2023年) 男25%・女75%
シェアする
LINE
X
パスナビの
掲載情報について
このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。