生物産業学部 学部・学科

原則として、2023年5月に行った各大学へのアンケートを基に編集・掲載しています。

生物産業学部
歴史
設置 1988
学科定員

計363 北方圏農91、海洋水産91、食香粧化学91、自然資源経営90

学部内容
 北方圏農学科では、植物系、動物系、環境・保全系の分野において、新しい生物資源の開発や多様な環境に配慮した生物生産力の拡大、生物資源機能の新しい応用などに関わる理論と技術を教育・研究する。
 海洋水産学科では、オホーツク海を主たる場として、資源の生物学的知見と、それを育む水圏の環境および生態系に関わる知見とを統合的に理解させる教育・研究を行う。
 食香粧化学科では、オホーツク地域の農水畜産資源を活用した食品や香粧品の製造・加工法、製品の安全・安心に関わる微生物学的研究、機能性食品や香粧品の性状と機能に関する生物化学的研究に重点を置く。
 自然資源経営学科では、地域社会の再生・環境、食糧、資源エネルギーなど、現代社会の課題に対して、オホーツクのフィールドを活用して社会科学的視点からアプローチする。
新入生の男女比率(2023年) 男62%・女38%
東京農業大学
進学相談会
チェックする
シェアする
LINE
パスナビの
掲載情報について
このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。