応用生命科学部 学部・学科

原則として、2023年5月に行った各大学へのアンケートを基に編集・掲載しています。

応用生命科学部
歴史
設置 1949、改組 2003
学科定員

計170 動物科学100、食品科学70

学部内容
 動物科学科は、動物を総体的に科学し、動物の育種学・繁殖学・栄養学やバイオテクノロジーなどについて学習する。健康な産業動物や実験動物に関する知識や技術を習得したスペシャリストの育成を目指している。また、経営学・経済学の観点からも動物生産や農業について探究する。
 人間が生きる上で絶対に欠かせない「食」。近年、食品科学分野はバイオテクノロジーの応用や環境保全、健康増進など、さまざまなテーマの研究で注目されている。食品科学科では、こうした食品の製造・加工・保存について科学の視点から学び、おいしさ・安全性・機能性などに関連する知識や技術を習得したスペシャリストの育成を目指している。
新入生の男女比率(2023年) 男47%・女53%
シェアする
LINE
パスナビの
掲載情報について
このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。