仏教学部 学部・学科

原則として、2023年5月に行った各大学へのアンケートを基に編集・掲載しています。

仏教学部
歴史
設置 1995
学科定員

仏教30

学部内容
 1学年の学生数は約20名。授業の多くは平均7~10名という徹底した少人数教育を行う。
 以下の3専攻がある。
◆福祉学専攻では、仏教思想をベースに福祉の現場が必要とする知識と技術を体系的に学修。心の問題や死についても向きあえる講義なども通して、これからの地域社会が必要としている福祉のエキスパートを育成する。社会福祉士、介護福祉士の国家試験受験資格の取得を目指すことができ、国家試験対策講座を用意している。
◆文学・芸術専攻では、多彩なジャンルの表現活動や文化遺産、歴史学などを「文学」ととらえて広く学ぶ。また、芸術系科目において仏教美術の精神・文化的背景を学ぶとともに、仏教彫刻の鑑賞や制作、修復などを学べる実習を行う。さらに、博物館や寺院が保有する文化財・資料の調査・整理・保存・展示の方法等を学び、学芸員資格取得も目指す。
◆日蓮学専攻では、理論と実践をバランスよく学べるカリキュラムを設置。仏教の思想や歴史、日蓮教学の基本を理解するとともに、将来僧侶になったときに役立つ寺院運営の知識や法要の技術なども、実習を通して学ぶ。
新入生の男女比率(2023年) 男75%・女25%
シェアする
LINE
X
パスナビの
掲載情報について
このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。