国際貢献学部 学部・学科

原則として、2023年5月に行った各大学へのアンケートを基に編集・掲載しています。

国際貢献学部
歴史
設置 2018
学科定員

計220 グローバルスタディーズ100、グローバル観光120

学部内容
 学部の核となる学び「コミュニティエンゲージメント」は、夏・春の長期休暇中に、世界中のコミュニティ(地域社会)を活動の場とし、現地の人々との協動を通じて共通する課題:国連の定める17のSDGs(持続可能な開発目標)に取り組む。
 グローバルスタディーズ学科では、持続可能な新しい世界平和の構造を「社会科学」の側面から、特に「英語」を介して探求する。
 留学生との英語を用いたグループワークやディスカッションを通し「多文化共生実現力」を日常的に育むことができる。グローバルな政治経済、ビジネス、法律などの側面から、新しい世界平和のための解決策を学ぶ。
 グローバル観光学科では、世界中の人々が交流し理解し合う「多文化共生」のための活動を「観光学」として修得する。「観光学」を「社会科学」として探求する。留学生とのグループワークやディスカッション、「データ科学」や最新の「デジタル技術」、「ほんものの京都」を学ぶ。
新入生の男女比率(2023年) 男34%・女66%
京都外国語大学
過去問
チェックする
シェアする
LINE
X
パスナビの
掲載情報について
このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。