総合リハビリテーション学部 学部・学科

原則として、2023年5月に行った各大学へのアンケートを基に編集・掲載しています。

総合リハビリテーション学部
歴史
設置 2007、改組 2022
学科定員

計150 理学療法70、作業療法40、言語聴覚40

学部内容
 理学療法学科では、今も医療現場で活躍する教員を数多く迎え、常に現場を意識した教育を行い、患者とのコミュニケーション力、問題解決力を養っていく。
 作業療法学科では、患者を直接招いて行う「体験型授業」を導入し、幅広いリハビリテーションのニーズに応えられる作業療法士を育成する。
 2024年新設予定の言語聴覚学科では、「臨床」を重視したカリキュラム構成で、発声発語・嚥下障害などの分野で経験豊富な教員陣が指導を行う。
 また、「総合リハビリテーションIPW演習」など、3学科が連携して行う授業もあり、リハビリテーション全体を大きな視点で学ぶことができる。
新入生の男女比率(2023年) 男48%・女52%
シェアする
LINE
パスナビの
掲載情報について
このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。