心理学部 学部・学科

原則として、2023年5月に行った各大学へのアンケートを基に編集・掲載しています。

心理学部
歴史
設置 2011
学科定員

現代応用心理60

学部内容
 幅広く心理学を学び、実社会が求める、データに基づいて物事を考える力を養成。2024年より、広範囲の心理学を学べる、以下の6領域を設置予定。
◆現代メディア心理学 SNSをはじめとする人との新しいつながり方の研究や、アニメやゲームなどに表現された“こころ”を探求する。
◆臨床心理学 心理テスト、カウンセリング技法や箱庭療法、精神疾患の知識などを、実習を経験しながら学ぶ。
◆健康・スポーツ心理学 ストレスが健康や疾病に及ぼす影響や、ストレスへの対処法、スポーツで高いパフォーマンスを達成するための心理面からのアプローチを探求する。
◆犯罪心理学 犯罪が生じる個人的・社会的要因の究明やプロファイリングをはじめとして、犯罪予防から罪を犯した人の社会復帰までトータルに学ぶ。
◆ビジネス心理学 データ分析を通してマーケティングを学び、消費者動向の予測や新商品開発など、ビジネスの現場で役立つ知識を身につける。
◆発達心理学 胎児から高齢者までの発達プロセスをたどりながら、各時期に生じやすい心理的特徴を取り上げ、メカニズムや対処法などを学ぶ。
新入生の男女比率(2023年) 男39%・女61%
シェアする
LINE
パスナビの
掲載情報について
このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。