• 私立
  • 奈良県

天理大学

*2023年4月、天理大学・天理医療大学を統合
  • 新増設、改組、名称変更等の予定がある学部を示します。
  • 改組、名称変更等により次年度の募集予定がない(またはすでに募集がない)学部を示します。

学部・学科

原則として、2023年5月に行った各大学へのアンケートを基に編集・掲載しています。

*以下、定員は2024年予定。
国際学部
歴史
設置 1952、改組 2010
学科定員

計290 韓国・朝鮮語40、中国語40、英米語60、外国語60<タイ語、インドネシア語、ドイツ語、フランス語、ロシア語、スペイン語、ブラジルポルトガル語>、国際文化50、日本40(留学生対象)

学部内容
 韓国・朝鮮語、中国語、英語など、10言語の学びを展開する。さらに、多彩な留学制度や国際体験の場を設け、世界へ踏み出すチャンスを豊富に用意している。異文化を理解し、多文化共生社会に貢献できる人材を育成する。
 2024年新設予定の韓国・朝鮮語学科では、100年近い歴史と伝統のもと、韓国・朝鮮に関する幅広い専門性を身につける。
 2024年新設予定の中国語学科では、日本と長い交流の歴史を持ち、政治的、経済的な関係強化が進む中国語圏の言語と文化を学ぶ。
 2024年新設予定の英米語学科では、政治・経済の分野で世界共通語となっている英語を学び、世界的視野に立って活躍する人材を目指す。
 外国語学科では、少人数制による徹底的な指導に加え、学修する言語(上記7言語)が使われる国・地域の社会・文化への理解も深めることができる。語学と社会・文化理解の両方を学修することにより、海外だけではなく国内の多文化共生に貢献できる人材を育成する。
 2024年新設予定の国際文化学科では、多文化共生社会のスペシャリストとして活躍できるための知識や実践を、4年間で身につけられるようにカリキュラムを構成。語学のみならず、現代社会の仕組みを理解し、国内外の文化の多様性について学ぶ。世界のさまざまな国や地域で生活してきた多文化共生の経験者でもある教授陣のもと、高等学校教員一種免許状(公民)の取得や社会調査士の養成を目指して、きめ細やかな教育を実践する。
新入生の男女比率(2023年) 男66%・女34%
シェアする
LINE
パスナビの
掲載情報について
このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。