学部・学科

原則として、2023年5月に行った各大学へのアンケートを基に編集・掲載しています。

薬学部
歴史
設置 1964
学科定員

薬学〈6年制〉200

学部内容
 全学年を通じてグループ討議による問題解決型学習(PBLチュートリアル)を取り入れ、将来、薬剤師として必須となる「自分で考え、生涯学び続ける」学習姿勢を確立する。また、全学部の合同で行う4学部合同PBLチュートリアルでは、各学部の学生が1つのテーマについて、薬剤師や医師といったそれぞれの立場から一緒に考えることで、チーム医療の基盤を身につける。
 4年次後期より行う臨床実習では、大学附属病院にて薬剤師である臨床教員の指導のもと、学生一人ひとりが患者さんを担当し、臨床薬剤師の職能を修得する。高レベルかつ、均質なベッドサイド学習で理想的なチーム医療を学ぶことができる。
 4年次の「薬学研究入門」、5~6年次の「薬学研究」では、学生自身が選択したテーマでの研究活動を通じて将来の医療に貢献するために必要な問題解決能力を身につける。附属病院などと協力して先端的研究を行うことで、質の高い指導的な薬剤師の育成を目指す。
新入生の男女比率(2023年) 男23%・女77%
2023年薬剤師国家試験合格率(新卒) 95.18%
昭和大学
過去問
チェックする
シェアする
LINE
パスナビの
掲載情報について
このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。