農学部 学部・学科

原則として、2023年5月に行った各大学へのアンケートを基に編集・掲載しています。

農学部
歴史
設置 1949
学科定員

計558 農学170、動物科学140、生物資源開発125、デザイン農123

学部内容
 農学科では、消費者のより健康で豊かな生活に資する農産物の安定生産のための理論を構築するとともに、それらを基にした技術を開発して、農業の発展に資することを目的としている。そのために、農作物の特質、栽培技術などの学理を追究することを通して、持続可能な次世代型農業の創造に貢献できる教育・研究を行う。
 動物科学科では、動物の生命現象や機能の理解とその制御を追究する生命・制御分野と、動物の行動と生産性を追究する機能・生産分野の22領域を包含し、これらの特性を生かした応用技術の開発を目指す。身近な伴侶動物から動物園動物まであらゆる生き物を飼育しており、研究テーマも多岐にわたる。
 生物資源開発学科では、農業生態系のみならず、自然生態系に至る生物の多様性に関する知識と理解を基礎として、さまざまな生物の生育・生息環境の保全を実践する技術と、生物資源の持続可能な利活用や開発に必要な技術を修得する。
 デザイン農学科では、食料問題、環境問題、資源・エネルギー問題などを俯瞰的にとらえ、生物素材や農の多面的機能を利用した機能的な製品や食品、システムのデザインを通じて、持続的で快適な社会づくりに貢献できる人材を育成する。
新入生の男女比率(2023年) 男54%・女46%
東京農業大学
進学相談会
チェックする
シェアする
LINE
パスナビの
掲載情報について
このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。