法学部 学部・学科

原則として、2023年5月に行った各大学へのアンケートを基に編集・掲載しています。

法学部
歴史
設置 1957
学科定員

計295 法律190、現代社会法105

学部内容
 法律学科には、ロースクールへの進学や司法書士などの法律職を目指す「総合コース」、憲法・行政などに関心があり、国家公務員・地方公務員を目指す「公法コース」、企業法務・国際取引などに関心があり、民間企業や税理士などを目指す「ビジネス法コース」がある。
 憲法、刑法、行政法などの基本科目により基礎を身につけた上で、発展科目を体系的に学習する。発展科目には、基礎法・公法・刑事法・企業法などの分野がある。
 現代社会法学科では、現実に存在する問題に目を向けた上で、それらを解決するための方法を法律的な視点から学ぶ。効果的な学習を実現するため、専門分野の科目が目的別に「公務員(公共行政)」「公務員(地域の安全・福祉)」「製造・小売業」「金融・保険」「サービス・通信・不動産」「地域づくり」「家族・福祉」「政治・マスコミ」「国際関連」の9パッケージに分類されている。
新入生の男女比率(2023年) 男67%・女33%
愛知学院大学
過去問
チェックする
愛知学院大学
進学相談会
チェックする
シェアする
LINE
X
パスナビの
掲載情報について
このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。