リハビリテーション学部 学部・学科

原則として、2023年5月に行った各大学へのアンケートを基に編集・掲載しています。

リハビリテーション学部
歴史
設置 2019
学科定員

計220 理学療法60、作業療法60、言語聴覚療法60、視能療法40

学部内容
 理学療法学科では、多様な分野で社会に貢献できる理学療法士を養成する。高齢者や障がい者の機能回復や自立を支援できる専門知識・技術と、豊かな人間性の備わった療法士を目指す。
 作業療法学科では、多様な分野で社会に貢献できる作業療法士を養成する。リハビリを推進するチームの一員として、患者さんに寄り添い、支えることのできる知識・技能と人間性を養う。
 言語聴覚療法学科では、理論と技術を備えた言語聴覚士を養成する。乳児からお年寄りまで、言語発達やコミュニケーション、食べることの障がいに対して支援を行う聴覚士を育成する。
 視能療法学科では、「見る」生活を支える視能訓練士を養成する。患者さんに寄り添い、不安を和らげることのできる訓練士を目指す。
新入生の男女比率(2023年) 男33%・女67%
川崎医療福祉大学
進学相談会
チェックする
シェアする
LINE
パスナビの
掲載情報について
このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。