総合政策学部 学部・学科

原則として、2023年5月に行った各大学へのアンケートを基に編集・掲載しています。

総合政策学部
歴史
設置 1984、改称 2002
学科定員

計230 総合政策150、企業経営80

学部内容
 さまざまな視点から物事をとらえ、現実に対応できるエキスパートを養成する。政治学、経済学、法学、経営学のほか、社会福祉などについて学際性を重視し、幅広く学ぶ。法律、政治、国際関係、経済、福祉政策、経営、会計のフィールドがあり、他学科の科目も積極的に受講できる。
 総合政策学科では、複合的な視点から、世界のあらゆる問題を理解し、解決へと向けることができる知識と考察力、倫理観を養う。現代社会の多様な問題について公共領域を中心にさまざまな視点から考えていく。
 企業経営学科では、会計や財務のスキルをベースに、複合的視点から社会の問題を理解し解決する、経営のエキスパートの養成を目指す。
新入生の男女比率(2023年) 男53%・女47%
杏林大学
過去問
チェックする
シェアする
LINE
パスナビの
掲載情報について
このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。