学部・学科

原則として、2023年5月に行った各大学へのアンケートを基に編集・掲載しています。

外国語学部
歴史
設置 1963
学科定員

計390 英米150、スペイン・ラテンアメリカ60、フランス60、ドイツ60、アジア60

学部内容
 英米学科では、学術的な議論ができる水準まで英語運用能力を高めるとともに、専門教育の学びを通して、優れた洞察力、高い論理的思考力、確かな情報発信力を身につける。政治・経済・歴史・社会・外交・国際関係・文学・言語・英語教育・コミュニケーション研究などの専門科目を履修することで専門知識を深めると同時に、思考力と発信力の向上を目指す。
 スペイン・ラテンアメリカ学科は、スペイン語の高度な運用能力を育成するとともに、言語運用能力を活用してスペイン語圏の社会や文化について学び、専門的な知識を身につけることを目指す。
 フランス学科は、フランス語を集中的に学習し、高度なフランス語運用能力を獲得し、日仏交流の実務に携わるために十分なフランス語の修得を目指す。文学・芸術・歴史・政治など多様な分野の専門科目でフランス語圏に関する知識を身につける。
 ドイツ学科は、テレビ会議システムによるドイツ語圏の大学生との共同授業を通して、実践的なコミュニケーション運用能力を身につけるとともに、ドイツ語圏の文化・社会について深く理解することを目指す。
 アジア学科は、中国語、インドネシア語、英語の3言語の学びから、アジア地域全般に関する幅広い知識を修得するとともに、東アジア・東南アジアの言語、文化、社会を深く理解する能力の修得を目指す。
新入生の男女比率(2023年) 男28%・女72%
南山大学
過去問
チェックする
シェアする
LINE
パスナビの
掲載情報について
このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。