学部・学科

原則として、2023年5月に行った各大学へのアンケートを基に編集・掲載しています。

農学部
歴史
設置 1950
学科定員

計330 生物資源110、応用生物化学110、生物環境科学110

学部内容
 生物資源学科では、動植物や微生物などの生物資源の有効利用と生産方法を研究し、持続可能な農と食のスペシャリストを目指す。生物生産学、遺伝育種学、生物保護学、経営・経済学の4領域を学び、自然科学の基礎から、植物の生産・管理技術、農産物の流通、最新のバイオテクノロジーにいたるまで、幅広い専門知識とスキルを身につける。
 応用生物化学科では、生物や食物の機能を解析し、食と健康に役立つ新たな物質の発見や、化粧品・医療関連産業の製品開発に貢献できる専門家を育てる。生命科学、食品科学、分子化学、生物制御科学の4領域を学び、バイオテクノロジーや、分子生物学・遺伝子工学的手法による糖質・脂質・タンパク質などの機能解明に取り組む。
 生物環境科学科では、生物、人、自然との調和について学び、生物環境の評価・保全・創造に関する知識と技術を養う。生態保全学、緑地創造学、生物機能調節化学、環境化学の4領域において実習実験を交えて広く学び、附属農場や里山などで実習も行うなど、実践的な学びを展開する。
新入生の男女比率(2023年) 男46%・女54%
名城大学
過去問
チェックする
シェアする
LINE
パスナビの
掲載情報について
このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。