経済学部 学部・学科

原則として、2023年5月に行った各大学へのアンケートを基に編集・掲載しています。

経済学部
歴史
設置 1949
学科定員

計260 経済130、経営130

学部内容
 経済学と経営学の両面から社会の基礎構造を学び、変動する現代社会の動向を読み取る力を身につける。経済学と経営学の融合を第一に掲げ、複雑に動く経済・経営現象を整理し、それぞれの現象の奥にある法則や構造を把握し、現代社会の全体像を理解する。
 学生の自主性と主体的な勉学意欲を重んじている。そのため、ゼミナール(演習)を必修とし、学生全員が少人数かつ双方向の授業が受けられる。
 カリキュラムは、経済学、経営学、会計学、統計学、経済史の入門科目から多様な専門科目へと体系的に学習できるように組まれている。3年次進級時には、学生の希望に基づいて所属ゼミナールを決定し、ゼミナール科目によって所属学科を決定する。
 経済学科は、世界経済や国民経済などの経済システムに見られる構造・法則・性格などを、総合的かつ体系的に解明する。
 経営学科は、企業を中心とする個別経済主体を対象に、そこに見られる構造・法則・性格などを体系的、かつ具体的に解明していく。
新入生の男女比率(2023年) 男77%・女23%
東北大学
過去問
チェックする
シェアする
LINE
X
パスナビの
掲載情報について
このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。