文学部 学部・学科

原則として、2023年5月に行った各大学へのアンケートを基に編集・掲載しています。

文学部
歴史
設置 1962
学科定員

計630 日本文150、中国文70、英米文130、教育120、書道60、歴史文化100

学部内容
 日本文学科では、古典文学から現代の人気作家まで、作品、作家の研究はもとより、従来の「文学」の枠にとらわれず、呪術・妖怪研究や多彩なメディアである映画、漫画、アニメーションにまで研究領域を広げている。
 中国文学科では、中国文学・中国哲学の2つを主軸としたカリキュラムを編成し、中国の古典文学・伝統思想・歴史などの幅広い中国伝統文化を、また長年、中国文化を受け入れてきた日本の伝統文化(漢字・漢文・漢学など)を学べる充実した授業を展開する。伝統文化を学ぶことで未来への創造力を養い、異文化を理解することで世界のなかの日本を見つめ直し、「社会で役立つ力」を身につけることができる。
 英米文学科では、英語圏の文学・言語・文化についての教養を基盤として広く深い見識を持つようになることを目標とする。そのために、英語の文献を読む力、自ら発信する力、また、コミュニケーション手段としての英語力の育成に力を入れている。少人数のゼミ、活発な学会活動も特徴である。
 教育学科では、人間を学び、人間に深く関わるなかから教育の本質と使命を学ぶ。学校教員を養成し、めざましく変化する時代に人と人がよりよく生きるために、教育の視点を持った専門家の育成を目指す。小学校教員と幼稚園教員の免許状を取得できるほか、保育士課程も設置している。
 書道学科では、少人数制のもと、人に感動を与える書の世界を東洋の芸術文化として理解し、現代における書のあり方を考えるとともに、書の発展を担う表現力を育てる。3年次から書学ゼミ、書作ゼミの両方に所属し、並行して学ぶ。書道の知識・技術をより高めるために、中国語の学習も重視され、中国の文学・哲学などの科目も開講している。
 歴史文化学科では、次の3コースを設置している。
◆東西文化コースでは、「世界のなかの日本」を自覚しつつ、建学の精神にある「東西文化の融合」を広く世界史分野で追究する。
◆日本史コースでは、日本の歴史をグローバルな視点で学びながら研究し、現代社会への理解を深めていく。
◆観光歴史学コースでは、フィールドワークを取り入れた地域史研究や実践的な外国語教育などにより、歴史研究の成果を観光分野で生かすことのできる人材を育成する。
新入生の男女比率(2023年) 男53%・女47%
大東文化大学
進学相談会
チェックする
シェアする
LINE
パスナビの
掲載情報について
このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。