法学部 学部・学科

原則として、2023年5月に行った各大学へのアンケートを基に編集・掲載しています。

法学部
歴史
設置 1966
学科定員

計645 法律200、消費情報環境法225、グローバル法65、政治155

学部内容
 法律学科は、法学教育を通じて、社会科学的な思考方法と実践的な応用能力を養うため、140を超える専門科目を提供。入門科目では、少人数教育を重視し、高い学習効果を上げている。
 消費情報環境法学科は、消費者の権利や義務、企業の活動に関する法を学び、社会経済の発展と変化によって生じる問題に対応できる人材を育成する。
 グローバル法学科は、「法的な解決能力」「実践的なコミュニケーション能力」「柔軟な異文化理解力」の3つの力を修得することを教育の柱としており、リーガルマインドを身につけたグローバル人材を育成する。
 政治学科は、基礎的な政治学を土台として、ガヴァナンス、グローバル・ポリティクス、メディア・ポリティクスを主要な柱とする。記者などがリレー授業を行う「総合講座」や、政治家を招いての討論会など、ユニークな取り組みが多い。
新入生の男女比率(2023年) 男54%・女46%
明治学院大学
進学相談会
チェックする
シェアする
LINE
パスナビの
掲載情報について
このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。