化学生命学部 学部・学科

原則として、2023年5月に行った各大学へのアンケートを基に編集・掲載しています。

*以下、定員は2024年(予定)。
化学生命学部
歴史
設置 2023
学科定員

計190 応用化学110、生命機能80

学部内容
 2023年新設の学部。
 化学・生物学の分野を融合的に学び、化学現象や生命現象の仕組みを知るだけではなく、それを「どのように社会に役立てていくか」という視点を持って、技術開発やモノづくりにつなげていく。
 応用化学科では、現代社会に役立つ化学技術を身につけることを目標とし、電池や燃料電池などのエネルギー化学、触媒化学、固体化学、セラミックス・高分子といった材料化学などを扱う応用化学を中心に学ぶ。
 生命機能学科では、生化学、分子生物学、細胞生物学、遺伝学、タンパク質工学などを扱う生命機能学を中心に学ぶ。生命現象や生体機能について生命科学の視点から学ぶことで、問題を発見し、解決する生命科学の技術を身につけることを目標とし、人々の幸せに貢献できる人材を育成する。
新入生の男女比率(2023年) 男58%・女42%
神奈川大学
過去問
チェックする
神奈川大学
進学相談会
チェックする
シェアする
LINE
X
パスナビの
掲載情報について
このページの掲載内容は、旺文社の責任において、調査した情報を掲載しております。各大学様が旺文社からのアンケートにご回答いただいた内容となっており、旺文社が刊行する『螢雪時代・臨時増刊』に掲載した文言及び掲載基準での掲載となります。
入試関連情報は、必ず大学発行の募集要項等でご確認ください。

掲載内容に関するお問い合わせ・更新情報等については「よくあるご質問とお問い合わせ」をご確認ください。
※「英検」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。